Taichi

株式会社タイチ|Taichi.inc

社長blog

2019年4月08日

4/8 奄美稚魚入荷

 

 

は〜〜〜 る〜〜〜 

 

春 

春 

春    

 

桜の花がもう満開 

 

 

ワクワク・・・

ソワソワ・・・・

ワクワク・ソワソワ・・・・

 

小学校のグランドにも春 

 

 

水温も温みはじめ 藻もぐんぐんと 

完全に定着しましたね 

真っ白に磯焼けしてた海にも 春 

 

 

ウチのペット達も気持ちよさそうに 

ハコフグもグレも 日光浴 

 

 

そんな春爛漫の今日・・・・

奄美から稚魚が入ってきました 

じゃ〜〜〜ン 

 

 

奄美から2昼夜

キレイな状態で入ってます 

 

 

体長 16.6 p

大きい 

素敵 

 

 

傷も少なく 目抜きも少ない 

最高です 

 

 

さ〜て ここから 2年 

大事に育てて参ります 

 

春爛漫・・・

花見代わりの稚魚入荷でした・・・

 

Chan Chan

 

 

※ 桜はなんでこんなにワクワク・・・ソワソワするんでしょう・・・

忙しくなる節目なのに・・・

やっぱり桜が好き

花見で一杯やりた〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 いっ 

 

 

 

 

 

2019年4月04日

4/3 鯛の移動

 

 

新元号の発表がありましたね。

「令和」・・・

いいんじゃないでしょうか 

 

私の予想では 「明和」でした。

明るい明日を和を持って・・・

いいでしょ 

 

「和」っていう字は日本人なら全員が好きなんじゃ・・・

っと決めつけたら反発もあるでしょうね・・・

 

良いも悪いも もう決まったんだから

好きになろうっと 

 

 

 

それはそれとして

昨年の魚を移動しています。

運ぶは 「32住宝丸」

毎年お願いして運んでもらいます。

 

 

すごくスムーズに積み込み完了 

あさの 4:30に来たかいがあったね 

 

 

こんなにスムーズに積み込めるか!・・・っていうくらい順調 

 

小池で待ってま〜〜〜す 

 

 

船長が言った通りピッタリ11時 

見えてきた 見えてきた

 

 

 

ち〜〜〜ん 

ピッタリ〜〜〜 

 

 

ジャンジャン ジャンじゃららった

ジャジャじゃじゃじゃん 

 

軍艦マーチは合わないか・・・

 

 

 

魚もきれい 

 

 

イケスに移しま〜〜す 

 

「おっ 広い 」   って言ってるのか・・・

「うっ・・・ 寒い・・・」   っていってるのか・・・

 

嫌でも好きになって 

愛してるよ 

 

 

「船長! 順調  」

 

「モチのロン  」

 

 

 

キレイに取ってくれます 

 

 

 

誰だ チミは 

はい・・・通りがかりの・・・  わけないし 

 

 

撮影も入ってます 

5月に放送予定だそう・・・

それはまたお知らせするとして

順調な移動でした。

 

Chan Chan

 

 

※ この時期 運搬船が混んで空かないんです・・・

それをいつも都合つけて運んでくれます・・・

ありがたいですね。

住宝丸さん ありがとう。。。。。

 

 

 

2019年3月27日

3/26 みずほ銀行さま来社

 

こんな雑誌をご存知ですか?

「Fole」

みずほ総合研究所が発行している会員誌です。

 

その中に「探訪!ダントツ市町村」というコーナーがあります。

今回は宇和島が。

宇和島といえば日本一の生産を誇る真鯛!

真鯛と言えば鯛一郎クン!!

 

そんなことで弊社に白羽の矢が当たりましたとさ・・・

Chan Chan ・・・・・って、終わってしまいました 

 

 

しかし 有難いじゃありませんか 

弊社と多一郎と鯛一郎クンにスポットを当てて下さるなんて。

余程 社長が男前か

鯛一郎クンが旨いかでないと・・・

 

えっ?

お前は関係ない・・・?

 

ギャグですよ・・・ギャグ 

 

そんなことで あれこれ質問を受けました。

この人達・・・手際がいい 

名刺交換が終わると

さっさと座る位置を決め 撮影し

インタビューを始め・・・・

聞きたいポイントをピンポイントでえぐる 

まるで プロ・・・

 

 

プロやって 

そうでした。

あまりの手際の良さに忘れてました 

 

「原稿が出来上がりましたら送りますのでチェックを・・・」

「あいあいさ〜でございます。」

 

 

どんな文章で上がってくるのかとっても楽しみ 

また報告致します。

 

Chan Chan

 

 

※ 弊社を勧めて下さったのは漁連さんだそうです。

真鯛の養殖なら「タイチ」さんだろう・・・と。

ありがたいですね。

支えて下さる方がいての仕事だと最近特にそう思います。

驕らず精進してまいります。

 

 

 

 

 

2019年3月11日

3/6 取材と函太郎さま訪問

 

東京駅八重洲口地下1番街

今日はTVの撮影を兼ねて訪問です

 

 

産直 ・・・

プレッシャーです・・・

 

 

店長の三上さん

見よ この笑顔 

 

 

僕が次々と食べるのを 撮る 

こんな近くで・・・ 恥ずかしい 

 

 

まずは普通に・・・

 

 

旨い 

合格です 

一口目は試験を受けてるようで緊張するんです 

でも後は食べるだけ 

 

 

炙りです 

 

 

づけを 

 

 

ここで芽ネギと 間にウニをはさんで ・・・

旨〜い 

ウニと合う 

 

 

そしてマヨネーズを乗せ炙ったもの 

 

 

そして名残に最初に戻り・・・

旨〜い 

 

 

そしてここでビッグニュース 

僕が食べたほとんどの物が裏メニューです。

言って頂ければ作りますとの事です。

皆さん寄ってみて下さいね。

 

 

店長、立ち寿司の方にも寄って来ます 

 

 

STANDING SUSHI BAR

おいおい、 並んでるよ〜・・・

4時になってない・・・

こんな時間に並んで・・・

どんだけ〜〜〜〜〜 

・・・・って、古っ 

 

 

少し食べて・・・・って、もう入らない・・・ 

店長ごめんね、次回は立ち寿司メインで 

 

 

一番街の責任者の方もパチリ 

ゴメンね 食べさせてあげられなくて・・・

 

 

こんなに流行ってていいんだろうかというくらい・・・

驚きの函太郎さんでした。

取材は上手くいったんだろうか 

 

 

Chan Chan

 

 

※ 函太郎さん

毎年弊社を訪問下さいます。

熱心に鯛一郎クンを勉強する姿に感動します。

その姿勢がこの繁盛を作っているんでしょうね。

謙虚でおごらず、コツコツと積み上げていく姿を

お手本にさせて頂きます。

 

 

 

 

2019年3月11日

3/5 酒蔵レストラン 宝さま 訪問

 

 

有楽町の国際フォーラムの地下にあるこのお店

裏側には宴会場もあったりしてかなり広いんです。

シェフだけで7人 

それが満杯になっていくんだから凄い 

 

 

中に入るとこんな感じ

見えにくいのですが中二階はすでに満杯 

今日はカウンターに 

 

 

木村料理長

なんか ボリュームアップ 

 

 

今日はおすすめのこんな物を 

9種類の日本酒飲み比べセットと

その日本酒の産地の食材を合わせて 

これたまらんでしょ 

 

 

そして何といっても鯛一郎クン 

春・・・てかんじでしょ 

キレイ 

 

 

飲み比べ終了 

それぞれ旨い 

 

 

鯛一郎クンで野菜を包んだものを蒸して

トロ〜りあんをかけて・・・

旨い 

 

 

最後は鯛茶 

動画が見られないのが残念 

 

 

他にも沢山メニューを作って頂いて。。。

 

 

この人もまた 天才 

 

 

国際フォーラム地下1階

大箱ですけど要予約です 

 

Chan Chan

 

 

 

※ お酒とそのお酒が造られた地元食材を合わせるなんて

そうとう仕入れに苦労しているんじゃないかと思います。

そこまでやるこの人達に感謝です。

鯛一郎クンの身の綺麗な事・・・

しっかり管理して頂いてるのが分かります。

感謝というしかありませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年3月11日

3/4 神戸 咲咲さま来社

 

神戸の「田幸一」

奥田社長に鯛一郎クンを紹介してもらったそうです。

料理長が使ってみて気にいって

いつか鯛一郎クンの現場に行きたいって話してたんですが

夢かなって・・・・

 

 

そんな風に話して下さる下川女将さん

隅から隅まで見て帰って下さいませ 💘

 

 

カメラマンがおらずナント写メの少ない事か・・・

お許し下さいませ。

でも試食もして頂き 何とか完了 

 

 

 

鯛一郎クンの秘密は伝わったのかなぁ・・・ 

 

 

最後にもう一つ 

 

 

女将さん、料理長さん

遠路をありがとうございました。

これに懲りずにまたお越し下さいね。

 

Chan Chan

 

 

 

 

※ お店では宇和島風鯛めしや鯛一郎クン丸ごと1匹

3〜4人コースなんてメニューを作って下さっているようです。

シェフや女将さんに気に入ってもらえることが大前提なので

今回の訪問は嬉しかったです。

今度は私がお邪魔しますね。

 

 

 

 

 

2019年3月04日

2/26 近畿大学訪問

 

 

何十年ぶりだろ・・・

良く通った白浜・・・

久し振りの訪問です 

 

 

 

面白いポスターを作っています。

固定概念をぶっ壊す・・・

俺の脳みそもぶっ壊してくれ〜〜〜 

 

 

世界がそう来るなら・・・か。。。

いいべ いいべ 

近大がそう来るならウチは鯛一郎クンでいく。

・・・ん・・・ そのまんまやね 

 

 

設備も見せて頂きました。

 

 

・・・って、 1枚だけ?

はい そうです 

・・・って、 手抜き ❓

はい そうです 

はいって あんた・・・ 

では沖へ参りましょう 

 

 

 

こんな岸に近いところでやってます。

変わってないですね〜〜〜 

 

 

このホテルも現役か・・・ 

今見ると ホグワーツみたいやね・・・

 

 

今回はウチの右腕に近大を見せる旅・・・

現場の人達にも会えて良い旅となりました。

 

 

ついでに とれとれ市場にも 

 

 

以前見た時は凄い  と思ったんですが

今回は まぁ・・・ こんなもんかと・・・

 

 

運営している人達に叱られそうなコメント・・・ 

お許しあれ 

 

Chan Chan

 

 

※ 右腕がグンと成長してきました。

今年は任せきる所まで持って行くのが目標。

彼はもう大丈夫です。

最近で一番嬉しい事です。

 

 

 

2019年2月22日

2/21 北京より

 

北京からのお客様

北京で鯛一郎クンを販売してくれてる方が

シェフ達を連れてやってきてくれました。

 

 

マグロと鯛がメインの見学の魚 

 

 

弊社に来ると勉強は必須・・・

鯛一郎クンとはなんぞや 

 

 

聞きたい人も  そうでない人も

全員参加 

 

そして昨夜のリベンジ 

 

 

なにがリベンジなんだって?

昨夜食べた鯛一郎クンがもう最低 

お店に持ち込んだのですが すでに細胞が開いてる・・・

これは水で洗ったな・・・

大根のケンの上に何時間置いたの?

そんな楽屋裏が見える鯛一郎クンでした。

 

 

リベンジ 

この刺身を出したとたんに

昨日のとは全然違う・・・と。

「シェフの皆さん、むき身になった魚に水は厳禁 

昨日の事の様になってしまいますから。

洗うなんてもってのほかですが、見た目が良いからといって

大根の白髪や水けの多い野菜の上に置いたりとか

絶対にタブーですからね  」

そんな話をさせて頂きました。

 

 

そんな話を・・・

早く帰りたい人も  そうでない人も

全員が聞いて。。。

 

 

北京に帰っていくのであります・・・・

 

Chan Chan

 

 

 

 

※ キチンと話を聞く方々です。

もうすでに使ってくれてる方も何人もいて

とってもやりやすいプレゼンでした。

またお越し下さいね。

 

 

 

 

 

 

2019年2月22日

2/21 橋田さん来社

 

 

料理王国 2018 6月号

32ページから・・・

 

 

橋田建二郎

老舗寿司店の2代目として研鑽を積んでいたが

2013 シンガポールに出店

その後も世界を舞台に活躍を続けているそう・・・

 

 

シンガポール大使館主催で行われる

天皇誕生日のレセプションに私たちが出かけて行っている頃

日本の橋田という男がシンガポールにお店を出すと

聞いててその名前は知っていました。

 

 

「橋田くん、誰に聞いたのか覚えてないのよ・・・ 

「そうなんですか・・・魚屋さんですかね・・・  」

「なんか違うような気がする・・・  」

「・・・そのうち 思い出すでしょう  」

 

 

「あっ、築地の仲卸さんじゃないですか?  」

「誰だろう・・・  」

 

 

刺身を試食・・・

「誰だったかなぁ・・・  」

「OOさんはご存知ですか? 友達なんですけど  」

「今は試食に集中しなさい 」・・・大魔神の一喝 

 

 

 

「鯛めし、旨〜い   」

しかし 何でそんな人が(株)タイチで試食してるの?

 

 

料理王国の記者さんと愛媛の食材探しの旅だそう・・・

愛媛県販売戦略課の久保田さんも一緒に 😀

 

 

「あっ、シンガポールの飲食関係の方でしょ   」

「そうじゃないと思う・・・  」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「次に会うまでの課題にしときましょう  」

「そだね〜  」

最後まで謎のままの2人でありましたとさ・・・

 

 

Chan Chan

 

 

※ 天然物の漁獲が減っててそのうち手に入らなくなる日が来るかも。

しかも数が揃わなかったり。

そんな日の為に今から勉強です・・・なんて言う彼。

トップランナーは考えることが違いますね。

将来の魚事情についても意見交換させて頂きました。

また会いたいと思わせる橋田君でありました。

 

 

 

 

 

2019年2月16日

2/15 愛媛新聞

 

「なんか 知り合いや親せきからずいぶん電話があるんですよ  」

それはそうでしょうね 

愛媛新聞に昨日の取材の記事がデカデカと載ってますもの・・・

 

 

エサやりの後の 〆の様子をパチリ 

神業です・・・

神泡ではありません・・・・

 

ん?

分かってる・・・・

がはは・・・・ 

 

 

いつも配達してもらってるから

どんな風に〆の作業をしているのか

知らないはずだと思い見て頂きました。

その時の状況が記事に 

 

このホテル

成田という事でインバウンドのお客様も多いよう・・・

鯛一郎クンを食べてもらってまた自国から

輸入して頂けるようなきっかけに

なってくれるといいのになぁと思います。

 

Chan Chan

 

 

※ そりゃあ親せきや友達は「おっ 」って思うでしょうね。

おいおい、新聞で見たぞ!・・・って電話しますよね。

がはは・・・照れくさいもんです。

 

 

 

 

 

2019年2月16日

2/14 ANAクラウンプラザホテル成田さん来社

 

5月に宇和島フェアが催されるそう・・・

場所はANAクラウンプラザホテル成田

それで宇和島の海山の食材を…という事で

弊社鯛一郎クンを推薦して下さったよう・・・

 

よくよく聞いてみると既に鯛一郎クンを使って頂いているそうです

 

 

「いつからですか?  」

「もう10年くらいは使っていますよ 

「築地からですか?  」

「そうです 

 

な・・・なんと・・・・ 

 

 

という事は鯛一郎クンが築地にデビューしてから

ずっと使って頂いてるという事です。

この辺が築地の悪いところで

仲卸さんがちっとも浜に来ない・・・ 

 

「今日はじっくり見て帰って下さいね  」

そんな会話で始まった今回の視察・・・

 

 

エサやりも寒い中敢行 

OH   泳いでる 

 

 

見よ  このカメラマン 

 

 

18杯のエサをやる間に1匹すくって・・・

ダッシュで帰る 

 

 

弊社がやってるシメの作業も見て頂く

 

 

鮮やかな〆に うっとり・・・

 

 

神経も抜いて

 

 

さて試食 

日頃使っておられるので必要ないかも知れませんが

またホテルの中とはチョッと違うかも 

 

 

総料理長の大庭さん

カメラを気にしながらの試食・・・

 

 

これってワリと照れるんですよね 

 

 

そして 鯛めしも・・・ 

宇和島ですもの 

 

 

そしてコーディネーターの方も一緒に 

 

 

有難い出会いとなりました。

 

Chan Chan

 

 

 

※ このコーディネーターの方・・・

よし邑の冨澤料理長と知り合いだったり

自由が丘のフレンチ石島さんと知り合いだったりということです。

世の中狭いですねぇ。。。。。

 

 

 

 

2019年2月11日

2/9 今年の目標

 

 

毎年恒例の目標設定

少しアップするのが遅くなったのですが

ミーティングの終わりに全員でパチリ 

 

 

不思議な事に書いたそのテーマがやってくるんですよ。

去年の事を踏まえてみんな考えるんですが

ピタッとその通りに 

 

 

僕の今年のテーマは

「もっと任せる

何があっても諦めずくじけず前向きに生きる」

昨年から現場を皆に任せていくようにしています。

今年はそれをもっと任せていく

完全に任せきっていくことをテーマとして

もう一つ、やりたいことがあるのでそれに邁進していく

1年にしたいと考えています。

決して諦めず、くじけず、前向きに 

頑張ります。

 

Chan Chan

 

 

 

※ 継続は力なり

コツコツと積み上げていくと何か形になって残るものですよね。

今年いっぱいかけて準備をする・・・くらいの気持ちで

取り組んで行こうと思っています。

表には出しませんがジワっと応援してやって下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年2月09日

2/2 機内にて 冨澤料理長

 

東京行きの機内で

何気なくモニターを覗いてました・・・

 

ん?

冨澤料理長 

 

機内で流れる「めし友」に 

旨そうなんですよ これが 

ご飯にのせて食べるいろんな物が紹介されるんですが

それを有名料理人が試食するというもの

 

機内食の監修もされたりする

調理師会の重鎮であります。

 

 

 

なんでこんな方と知り合いなの?・・・・って

それはもちろん鯛一郎クンでしょう 

板橋にあるお店

日本料理「よし邑」で使って頂いております。

 

 

養殖の鯛もここまでくれば普通に料理できます

・・・て言って下さった言葉を忘れられず温めております。

普通にってどういうことですか?・・・って聞くと

養殖の鯛は臭みを消したり脂を落としたりしないと使えないけど

鯛一郎クンはそんなことしなくても大丈夫・・・って

話して下さったのを覚えています。

 

 

未来の子供たちに良い環境を残そうと

色んな取り組みもされてて頭が下がります。

料理長、またゆっくりお伺いしますね。

嬉しかった機内の出来事でした。。。

 

板橋区蓮根2−19−12

03−3968−1301

www.yoshimura-hasune.com

無休  都営三田線蓮根駅より徒歩2分

 

お試しあれ

 

Chan Chan

 

 

※ H28年7月16日発行の 東京 大人のための艶レストラン

ザ・ベスト・オブ・シェフ 50

東京を代表する凄腕シェフ  絶対食べたいスペシャリテ 50選

そこに紹介されてるシェフです。

お店に入ると繊細な心配りが感じられるステキなお店。

是非一度・・・・です。

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月26日

1/25 うまい麺には福来たる 天五店訪問

 

環状線の天満で降りて徒歩3分

それならすぐに分かるな・・・ 

商店街を・・・

大阪らしいね

 

 

 

「天神橋5丁目7−8

おじさん・・・知りませんか 

「ここが6丁目やさかいに 近いわなぁ」

・・・・・・・・・わからんし・・・

 

「お母さん・・・知りませんか 

「ラーメン屋さんかいな、そこを曲がったとこ」

・・・・・・・・・・ないし・・

 

「おっちゃん 知りませんか 

「その先やで」

・・・・・・・・・・うそばっかり・・・

 

「おばちゃん 知りませんか 

「そこの角を左に曲がったところやねぇ」

・・・・・・もとに戻ったがね・・・・

 

大阪のおっちゃん、おばちゃん、適当やなぁ・・・

 

「迷いました 」・・・って、結局電話して

迎えに来ていただきました・・・ 

 

 

これやがな・・・これ 

 

 

トッピングメニューで乾杯 

こぶ締めの炙り 

 

 

旨〜〜い

 

 

 

カマのから揚げ 

旨〜〜〜い

 

 

鯛一郎クンの鯛塩ラーメン

旨〜〜〜い 

 

 

これを商品にしようかと・・・

チャーハン 

鯛一郎クンの脂をかけて炒めたら

こんなにも美味しい

これはもうメニューにするしかないでしょう

旨~~~い

 

 

 

こんなにメニューも充実してきて・・・

 

 

おいら泣けちゃう 

 

もう飲めないし・・・ 

 

 

駅に向かう鯛・・・

多一郎クンでありました

 

Chan Chan

 

 

 

※ 鯛一郎クンの魅力をここまで引き出してくれると

生産する側も嬉しいですね。

冥利に尽きるというやつです。

皮や脂まで捨てることなく料理に使う

よ〜〜く見てくれているんですね。

生産現場もがんばるど。

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月26日

1/24 「うおまん」訪問

 

梅田でどこか鯛一郎クンを食べれるところはないの?

なんて聞いてたら・・・・

「うおまん」 

 

梅田1−12−6

イーマ5F

 

ここだ 

ネオンが光って上手く取れない・・・

 

 

「大将! 鯛一郎クンを下さい 

「あれ・・・ひょっとして・・・」

「そうです  私が小栗旬です 

「・・・・・・・・・・・・・・・」

 

 

 

今日の鯛一郎クンと昨日の鯛一郎クンの炙り 

炙りが旨い 

 

でた〜〜〜 海鮮丼定食

 

 

 

見て 

透き通るような鯛一郎クンの身を 

うま〜〜〜〜〜〜〜いっ 

「今の鯛一郎クンはキメが細かくて、脂も旨いですねぇ」

「最高です、鯛一郎クン 

 

 

 

ムリをお願いして一緒にパチリ 

 

 

シェフの皆さんでパチリ 

 

 

「また来ます 

嬉しい出会いをさせて頂きました。

 

Chan Chan

 

 

※ 一番若いシェフは東京で働いていた時に鯛一郎クンに出会ったそう・・・

仲卸さんから紹介があった時に「この鯛、いいですよ」と

勧めてくれたのはこのシェフだそう・・・

縁なんでしょうね

こんな出会いもあるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月26日

1/23 道頓堀ホテルさん訪問

 

日本と世界の懸け橋になる 

そんな熱い想いの集団「道頓堀ホテル」さん

久し振りに鯛一郎クンの具合を聞きに訪問です。

 

 

これ、今メニューに載ってるものだそうです。

切り身(刺身)に衣を付けて揚げて

ピリ辛のアンをかけて野菜と一緒に食べるというもの

 

ピリ辛の味に鯛一郎クンは負けるのかと思ったら

これがナント 合うんですねぇ…

また野菜の旨い事 

 

しばらくチョット柔らかいかと感じてた

鯛一郎クンも今 絶好調だそう・・・ 

嬉しいお褒めを頂きました。

 

 

 

厨房でシェフの皆さんとパチリ 

皆ノリがよろしくて・・・ 

 

 

一人だけ帽子をかぶっていなかったので

あとでパチリ 

 

 

今度はじっくり鯛一郎クンのフルコースを

食べに行きたいですね。

大切に扱ってもらってて感謝・感謝です 

 

Chan Chan

 

 

※ 生産者の作るものに花を咲かそうとして下さる

そんな気持ちがとってもうれしいです

応えれるように精進していきます

 

2019年1月21日

1/20 最終日

 

 

3日目

昨夜のハウステンボスを引きずりながら

頭の疼きを引きずる人もいながら

モーニングバイキングを楽しみ

ホテルを出発 

 

この画像は昨夜撮ったもの・・・

夜 撮ったのに昼の様・・・

面白いでしょ 

案内をしてくれたカートのおじさんが

面白スポットを案内してくれた中のひとつです 

 

 

トイレ休憩を入れながら一路 別府へ 

 

しかし、着くとこ着くとこでそんなにお土産買う?

どこに配るん?

もう十分やろ と思うくらい買いまくる・・・

 

 

出発 

 

そして別府に入ってくる・・・

朝食べてから まだ3時間 

でも 食べる 

 

 

肉系・・・洋食系ばかり続いているので

早めの昼はお寿司 

鉄輪から下って来た所にあるお寿司屋さん 

 

 

「さっき食べて動いてないから入らないよね 

なんて言いながら食べる食べる 

 

 

「食べてみると入るんよね、これが 

見る間にお皿が積みあがる 

 

 

「腹が裂けるほど食ってみろ 

裂けるか ・・・(笑)

がはは・・・・

 

 

次に行くぞ 

吉幾三 

・・・・・

しょうもない オッサンギャグを飛ばしながら

うみたまごへ 

 

 

海の人間はやはり海の生き物が好き 

 

 

この子たちが上手に芸をするんだな これが 

遠巻きにみる社員一同

 

 

 

大好きなクエもお待ちかね 

「これたべたいねぇ・・・  」

「鍋にして何人前くらい取れるのかなぁ・・・  」

「おいおい・・・俺様を食べる話かい 

「あちゃ〜〜〜 聞こえてる 

・・・・そんな会話を楽しみながら・・・

って、話せるんかい 

 

水族館っていいな 

 

 

てな事で旅も終わり 

佐賀関からフェリーで三崎へ 

 

 

「みんな今年も1年が始まるよ。

また旅行できるように頑張ろうね。

忘れ物のないようにしてね・・・・・・」

立派な社長あいさつ 

 

そんなこんなの社員旅行でした

 

Chan Chan

 

 

 

※ いい社員さん達が揃ってくれました。

このままいい成長をしてくれたらと思います。

社長が歳を取っていくぶん皆が成長してくれて・・・

有難い事ですね。

大事にしていきます。

 

 

 

 

 

 

2019年1月21日

1/19  2日目

 

 

物語は2日目

 

モーニングバイキングを済ませバスで地獄に 

血の池地獄で売ってる軟膏がお肌にいいらしい 

大魔神が ここには寄らないと・・・と 

 

 

久し振りの地獄

キレイに手入れされてて 前とは違う 

お前・・・前っていつ?

はい、中学の時です 

馬鹿野郎 ほぼ40年も前の事じゃないの 

 

 

そんなこんなで出発 

高速に乗る前に プリンの美味しい所があるからと

寄り道 

ホント旨いわ これ 

 

 

しばらく走って サッポロビール園

添乗員さんのおすすめです 

歴史をガイドの女性に語ってもらい

最後は出来立てのビールをゴクリ 

ぷは〜〜〜〜っ 旨っ 

 

 

ラッキーヱビスを見つけてご機嫌 

今年はいい事あるぞ 

 

 

お昼は園内にあるお店で 

 

 

そしてハウステンボスへ 

 

 

まずは腹ごしらえ 

あんたら食べてばっかり・・・って、

食べるのが楽しみですから 

園内のホテルでバイキング 

バイキング 楽し〜〜〜い  

 

 

もうそんなに入らない・・・なんて言ってたやつは誰 

無くなるかと思ったわ 

 

 

初めて来たけど 凄い 

 

どんだけ〜〜〜 

 

 

時間足りな〜〜〜い 

広すぎて足がつってる〜〜〜〜 

みんなとはぐれた〜〜〜〜 

座りた〜〜〜〜〜い

何処で何があるかわからな〜〜〜〜い 

専属ガイドがほし〜〜〜〜〜いっ 

 

 

最後はもう帰りたい・・・・

早く切り上げて ホテルでマッサージを受ける

私と大魔神でありました。。。。。。

 

Chan Chan

 

 

※広すぎるわ ここ・・・

何回も来ないと全体がわからない・・・

でも凄い・・・・

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月21日

1/18 社内旅行

 

 

今年も有難く社内旅行に行けます。

うれし〜〜〜 

これも皆の頑張りのおかげ・・・

節約のたまもの・・・

 

 

 

今年はバスで九州へ 

別府に渡り ハウステンボスへ向かいます 

 

大魔神は社内でも ちょっとお仕事・・・

 

 

 

三崎から佐賀関へ

そして一路 別府へ 

 

 

チェックインの後 すぐに晩御飯 

薩摩地鶏を食べさせてくれる「ひでさん」へ 

鉄輪温泉を少し上の住宅街にあり

眼下に別府市街が一望 

ここ いい眺めやねぇ 

 

 

煙を浴びながら焼くわ焼くわ 

食べるわ 食べるわ 

飲むわ 飲むわ 

 

 

あんまり煙が出るからチョット高さを調節・・・ 

事前に煙が出る事・・・

服が臭くなる事を見越してビニール袋を持参 

詰め込んで 詰め込んで 

みんな薄着でしょ 

 

 

「おねぇさん・・・ 換気扇 全開にして 

 

「はい  すでに全開です 

 

 

「お姉さん かわいいから許しちゃう 

 

「うれし〜〜〜  」

そんな会話があったとか・・・・ なかったとか・・・・

 

でもここ、旨いです 

お店の人がビックリするくらいの

お代わりの山を作って 爆食でした 

食った 食った〜〜〜〜 

 

 

「みんな あとチョットだけ飲みたいとか

チョットだけ歌いたいとかという人連絡してね。

大魔神とその辺のスナックにいるからね・・・・・」

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ショパンというお店で貸し切り状態 

誰からの電話もなく2人で軽く飲んで就寝 

若いやつらはネオンの街に繰り出したよう・・・

別府の夜は更け行くのでありました 

 

Chan Chan

 

 

※ ひでさん・・・薩摩地鶏ホント美味しい!

ショパン・・・ママが面白い! ちょい天然・・・?

従業員のおかげで今年も楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月18日

1/17 御祈祷

 

今年は少し遅くなってしまいました

15日を目安にいつも考えているのですが

何でか今年はスケジュールが詰まってて・・・

 

 

やっと皆がそろって参拝です 

一年 沖での事故のないように・・・

そしてエサ工場での事故などないように・・

一年の安全を御祈願しました

 

 

恵比寿様・大黒様もいらして

仕事が上手く回りますようにと・・・

 

 

いよいよ2019年がスタートです。

いろいろあるんでしょうが

無事に乗り切れますように 

 

 

皆様 今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

Chan Chan

 

 

※ 今年は何か将来に大きくかかわる様な事があるような気がして

仕方がありません。

こつこつ取り組むしかないのですが、諦めず、くじけず、前向きに

取り組んで行きたいと思います。

どうぞご支援のほどをよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月11日

2019年 1月11日  新年のご挨拶

 

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

2019年は亥年

つちのと い  という年だそうです。

新旧の継ぎ目となる年

表面的には大きく変わらないが、古い落ち葉が残る

地面の下に新しい芽が生まれてくるイメージ だそうです。

今年いろんな芽が出てくるんでしょうかね。

楽しみ 

 

 

昨年は取引も落ち着いた感じで淡々と・・・

それに新規が入って来て・・・

でも無くなる所もあって、集計してみると

前年とあまり変わらないという有難い年でした。

 

 

えっ?

変わらないのに有難いって・・・・

そうです。

こんな変化の早くて激しい時代に前年と一緒なんて

ステキじゃありません?

そりゃぁ大発展するに越したことはないですが

一足飛びに行くと壊れるときも早いですから。

コツコツと積み上げていくウチのスタイルがいいですね。

そうやっているうちにチャンスが来ればつかむ 

待ってるんです、チャンスを 

 

 

年明けの豊洲の初セリは

大変なご祝儀相場が出ましたね。

3憶2260万円 

キロ単価 120万円  という記録物でした。

 

 

関係者も驚いたでしょうね。

TVで漁師さんが出てましたが

にわかに信じられなかった・・・って。

そりゃぁ そうでしょうね 

 

 

年明けの人間ドック

悪いところは無いか・・・

OK 

 

 

今年も動きますよ〜〜〜 

 

 

正月三が日飲み続けていましたので5日ほど

お酒を抜いてました。

検査もOKでしたので晴れて一杯 

 

 

細胞の隅々まで染み渡る一杯でした。

 

Chan Chan

 

 

※ 年末も31日まで出荷、エサやり

年明けも2日から出荷・・・

嫌な顔もせず出社してくれる社員さん達に感謝です。

これからこの社員さん達にどんなお返しが出来るのか・・・

この会社に入って良かったと言ってもらえる会社を目指して

取り組んで行きたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。